>

osu!やってません
『クインタプルスプラッシュ』応援中です!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一番上

色々ゲーム日記だったり、Kalafinaや梶浦さん関連のことをダラダラ書くブログです('、з っ )っ
数日に1回程度の更新を目標にしています。
最近のゲームはLoLがほとんどです。
つまりブログタイトル詐欺だし、カテゴリも機能してないので普通の記事は全部osuタグになってます。

自分用の日記みたいなものなので、基本的に寝る直前にウトウトしながら文章の推敲をせずに投稿しています
なので誤用や脱字、同じ表現の使いまわし等が多いです...
恥ずかしいので定期的に過去記事は削除します
コメントが付けばその次の記事で返信するつもりです
記事タイトルに意味はありません
御用の方はTwitterまでどうぞ 三╰( ˘ω˘)╯

Twitter@MiLu_jp
えっちげーむ感想用のブログ
スポンサーサイト

映画2016

私です

また1か月空いて広告でそうだからの更新
タイトルじゃわかりづらいけど内容は「今年見た映画の感想」みたいな感じ
レンタルして見た過去作含めると面倒だしゴチャゴチャになるので、今年公開の映画限定で。
一応時系列順になってるはず。
評価点は10点満点で考えてまーす
ネタバレは極力しないつもり。

・バットマン vs スーパーマン
2点
ジャスティスの誕生 はサブタイトルなのかタイトルに含めるのか否か。
一応「マン・オブ・スティール」というスーパーマン単独映画の続きではあるけど、別に見なくても分かる。
ベンアフレックのバットマンは力強さに欠けるけれど悪くはなかったと思うなぁ。
なぜ2点かというと脚本が悪いといえばそれまでではあるんだけど、まぁスーパーマンっていうキャラクターが完成されすぎてて隙がないのも悪いよね。
バットマン vs スーパーマンっていう構図が面白いのはいいんだけど、スーパーマンが完璧最強チート無敵キャラすぎてまともな対決になんてなるわけないんだよな。
スーパーマン側にバットマンと戦う理由を作るのは難しいしな・・・。
序中盤は暗く重いだけで面白味のない展開が続くし、見どころの一つと思われた予告の某シーンはまさかの夢オチ。今時そんなん許されるわけないやろハゲボケカス。
直接対決するまでも長すぎる。
ガル・ガドットは綺麗だしジャスティスリーグへ繋ぐための出演だとしても悪くなかったけど、ラスボス的なあいつはもう・・・・・・不憫でかわいそうに思える。
戦闘シーンもアクションより演出やエフェクトばっかりでなんだか。

唯一手放しで褒められるのはレックス・ルーサー役のジェシー・アイゼンバーグ。
また別の映画でも出てくるから
彼は本当に素晴らしい役者だと思うし似合いすぎだし、彼のおかげでラスボスの登場もなんとなく許せた。最後にハゲ坊主にされるっていう原作ファンサもあったしもう彼が主人公でいいんじゃないかなぁって。


・名探偵コナン 純黒の悪夢
7点
悪夢と書いてナイトメア。
20周年記念作品にして20作目の劇場場コナンは、シャアとアムロが入り乱れながら黒の組織と戦うみたいな感じだよ。
推理とは一体なんだったのかというド派手なアクションと物理的な攻防!
後半の怒涛の展開は「あれ何の映画見に来たんだっけ・・・面白いからいいか」となること間違いなし。
かといってシナリオが疎かになってるわけでもなく、組織編なのに少年探偵団もメインといえる活躍(?)をするし、探偵団としても組織編の重要キャラとしても哀ちゃんにスポットが当たり、良い。
そしてこの映画の一番良いところは蘭の出番がないこと。まぁじで無い。通算5分も出たか?ってレベル。
最近の映画常連のあのメカも出るし、おいおいさすがにそれは無理だろってレベルのこと事を平然とやってのけるコナンくんにシビれる。憧れはしない。
とはいえ映画らしい派手さとスケールの大きさがあるうえに話も分かりやすく良いし、ゲストのなんたらさんの声もそれほど違和感はないし、2010年台のコナン映画の中では1,2を争うほど面白かったよ。


シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ
10点満点
キャプテン・アメリカを主役にした単独映画の3本目にして、現時点でMCUで一番面白い映画。
シビルウォーがタイトルの頭に来てるように、キャプテンアメリカ単独映画といいつつも実質のAvengers 2.5みたいなところは勿論あるよ。
でもこの映画のために1からmcuを見てほしいくらいに見どころしかない神映画よ。
ウィンターソルジャーもここに入れるとしたら9点を付ける超超良作映画だし、同じ監督なのもあって画面の色合いや雰囲気なんかがダーク寄りになってるのも良い。
何よりどのアクションシーンも面白すぎてニヤけが止まらないし何回見ても飽きない。
クリエヴァは走り方が綺麗だから走るシーンでスタントマンを使わないって話も大好きだし、エリザベスオルセンちゃんはマジで可愛いいし、新しいスパイダーマンのキャラもいいしトムホランドもいい。
mcu界1の常識人とも思われるブラックパンサーさんもいい感じだったし。
悪いところを指摘するなら、中身じゃなくて日本語吹き替え版の翻訳と一部の声優がね・・・。
中村とか藤原さんとかはエエけど、元の俳優もすごいカッケー人ら揃いだから字幕で見てほしいな~
ちなみに人生で初めて同じ映画を2回見に行った。


デッドプール
6点
主人公デップーの個性的なキャラクターと喋り、銃と日本刀を使ったアクションらへんはとても良い。
特にデップーちゃんは映画内終始しゃべりっぱなしだし、下品で汚いしユーモアあるしで飽きさせない。
けど肝心のストーリーはほとんど無いも同然で、設定を追ってるだけでバットマン ビギンズみたいな感じ。まぁ肝心ではないってことなんだろうけど。
退屈させないために時系列でいうと真ん中に当たる部分のアクションを冒頭に持ってきて、どうしてこんなことをしてるのかという時系列最初の過去話を挟んでから、また戻ってきて最後の戦いへ、という構成になってはいる。
容赦のない血や切断面の描写(つってもR15だっけ?)は、彼の性格や戦闘スタイルに合ってはいるけどなんていうか・・・あまり爽快感に繋がることもない。
あとはX-MENの知識が多少ないと分かりづらい部分があるのと、向こうの映画ではいつものことだけど俳優ネタとかが多いw
原作にわりと忠実らしいあのキャラはすごい魅力的だったから、次回作に期待したい。
なんか揉めて監督降板とかしてるらしいけど大丈夫かな・・・。


シン・ゴジラ
8点
良いところは庵野がオタクだってところ。
日本の組織のメンドくささとか、謎の不明生物が上陸したのにスマホで写真撮りまくってる人がけっこう居たり、次の日にはもう学校や会社にみんな行ってたりとか、色んな日本の描写があって面白い。
ゴジラという存在をただの天災じゃなくて生物として登場させて、それに絡めて話を展開させていくのもいい。
歴代のゴジラ作品をリスペクトしてる箇所もいくつもあるし、BGMはゴジラ+エヴァだし、名台詞もたくさんとびだすし、マフィア梶田とか片桐はいりとかピエール瀧とか作品内でもスタッフロールでも存在感ありすぎだしヤバい。
紅一点な石原さとみのキャラクター(ごめん尾頭さんも好きだよ)はちょっとアクが強すぎる気がしないでもないけど、基本的に隙も無駄もないスゴい完成度の映画だったと思う。
おススメできるし好みでもあったし2回3回と見たって楽しめる自信はあるけど、なんかこう感情の波が押し寄せてはこないのは世代じゃないからなのかしら・・・。
決して映画に悪いところがあってそう感じるのではないと思うけど、9点つけるほどじゃないし8.5点くらいだけど8としようかなみたいな。


ゴーストバスターズ
9点
とりあえず見に行っとけ映画No.1
昔のゴーストバスターズを見てなくても知らなくてもOK。というか僕もほとんど知らずに行きました。
上映が始まるまでは女性4人をメインに置いたことやら、おもんなさそうなロング予告動画やらが批判されてたよねえ。
ロングバージョンの予告は散々言われてたから映画のあと見たけど、確かにあかんわ・・・・・・
ほんとは娯楽映画の極みみたいな感じで、導入こそ平凡なものの笑えるしちょっと熱いし笑えるし曲もいいし、あの「真面目にふざけてる感」が堪らんw
クリヘム演じるケヴィンは普段の彼の役たちを思うと面白すぎて腹いたいしw
これでクリヘムのコメディ系への出演増えたらいいなぁw
男女逆転どうのジェンダーどうのやら、過去作出演者のカメオやらなんて考えたり気づいたりしなくても、全員が笑って楽しめる映画だよ。
12月の円盤発売後に見てから、劇場に3Dで見に行かなかったことを後悔するといいよ!
いや見てよこれはマジで。


グランド・イリュージョン 見破られたトリック
4点
原題now you see meことグランド・イリュージョンの2作目。
1作目に得点をつけるなら8点だった。
軽く説明すると、手品トリックを使って犯罪を暴く主人公たち4人のグループを警察を追うような話が1作目。
マーク・ラファロ、モーガン・フリーマン、マイケル・ケインなど名前も顔もちょっと洋画見たことある人なら知ってるような有名人が登場して~の、作中の仕掛けが多くてかなり面白かったんだけど・・・。
この2作目は序盤の展開こそ前作の勢いのまま面白くて引き込まれるんだけど、ダニエル・ラドクリフのキャラが本格的に登場してから最後までがもう・・・・・・なんか思わせぶりな展開で引っ張るけど大して中身がない・・・。
ダニエルはあまりにもポッターが有名すぎるけど、ああいう悪役は似合ってたし今後も色んな役で見てみたいと思った。
けどその新キャラも・・・薄っぺらいなぁとしか言えないし、悪役サイドの動きが悪すぎるのが問題かなぁ。
前作でマークラファロにass holeって発言してたやつが、今作同じこと言い返されてたのは笑ったし字幕で見てよかったw
中盤のトランプのシーンは助長ではあるけども面白くてよくできてた。
前作を見た人はみんな映画全体を通しての仕掛けやドンデン返しに期待してたと思うけど、それがね・・・・・・。
ジワジワせめてオチで盛り上げるっていうのがウリの映画じゃないの~?
バットマン略の項目で書いたジェシーアイゼンバーグは本当前作で凄かったんだけど、あんまり主人公が活かされないし・・・・・・。
メンタリストとかいう奴はギアスじゃねえのってレベルの催眠術師で都合よすぎるっていうのが前作と変わってないし・・・。
次は面白いといいな。


君の名は。
8点
あまり多くを語る必要はないと思うくらい大人気だしそこらじゅうで話題だよね。
なんか行くタイミング逃したなぁとか、有名になりすぎだし今更行ってもなぁみたいな人にも「今から行けばよくね?」ってオヌヌメできる良い映画。
予告のあの入れ替わってどうこうっていうのは導入の展開であって、それ以降が面白いところだからね。
RADなんたらの音楽は自分は特に好きでもないけど不快にも思わなかったから置いとくとして、映像面はいつどこを取っても綺麗な上に情報量も適度に多くて面白い。
前前前世は予告映像でも本編でも今聞いてもあまり良さが分からぬ。
主役2人の声は俳優だけどバッチリ文句ないし。
ネタバレっぽいから括弧の中は反転↓
どうしてあの2人のあの時間がぴったりリンク(?)したのかとか、記憶が曖昧になって時差に気づかなかったのはいいとして携帯の中身が消えてくところはちょっとウーンナンデ感が拭えなかったなぁとか、都会(のイケメン男子)に憧れがあった三葉はいいとして瀧くん側が奥寺先輩(+おまけ)との旅行的なことになってるのに、先輩スルーしてまで探すほど三葉を思うに至ったのはなんでや?とか、あの指輪は思わせぶりにしてるだけで別に意味はないんやろ
等々の疑問は残ったから2回目見てもよかったかな。なんかわかるところあったら教えて。
ん?そうなるか?・・・いやまぁそうでもいいか・・・・・・、みたいなことを見てる途中に感じさせるけど、基本的には丁寧で良い出来って感じある。
描写しなくていいテーマに沿わないところを削るのも含めての丁寧。
それもまた結び。




見てない中にも良い映画はたくさんあるだろうし、今年は豊作だったっていう人が多そうね?
特にゴーストバスターズと君の名は。は勢いで見ても楽しめるよ!
良い映画を映画館で見ると「来てよかったなぁ!!」ってなるしスゴイ楽しいよ
マナーが悪かったりエンドクレジット中に立ち去る人もけっこういるけど、映画館は良いところやで・・・
特に3Dを体験してない人は勿体ない!
ただ立体的になるだけじゃなくて、去年以前の映画だって3Dを意識した撮り方や演出をしてるものもかなり多いからね。
映画館で一期一会を楽しむのも良いものよ~

Kalafina Arena live 2016

私です
お久しぶりです

Kalafina Arena live 2016に参加してまいりました!
神戸2days + 武道館2daysの計4公演、全部行ってきたぜ~
これが巷でいう"全通"ってやつなんだね!2都市4公演しかないけど!
全体を通した感想としては、たくさんの新しい試みや挑戦のほとんどが上手くプラスになっていたと思う。
歌やコーラスワークも当然のように更に進化してるのもすごいよねぇ
その魅力を失ったり損なうことなく、新しいことをLiveのたびに続けてくれることがものすごく嬉しい。
セトリは序盤2曲とラスト2曲以外は全共通かな?
思い出しながら書いていくけど、たぶんほとんどが千秋楽の感想になっちゃうな


会場に入るとどの日もステージには真っ黒な幕?のようなものが掛かっていて、手前半分くらいしか形が分からないようになってた。
セットがどういう構造で、バンドメンバーズはどういう配置なのかっていうのが分からないっていう。
一体何が始まるのかとワクワクドキドキでいざ開演!
まずは神戸ではほぼ真っ暗、武道館ではなぜか平常時より明るくなって、正面ど真ん中から和装のKeikoがゆっくり歩いて登場。
4日間とも客席全部を見渡したあと、ゆっくりと手に持ったマイクを口元に。
トークから入るのかな?と思いきや、聞こえてきたのは

"未来は君に 優しいだろうか"

というアレルヤの出だし。
武道館初日は座席が近かった数人から「あっ!」など驚きの声がいくつか聞こえてきた。
アレルヤは人気曲だけど、曲のテーマ的にも本編やアンコールの最後にこそ相応しい純Ending Theme Songってイメージもあるし、実際過去のLiveでは毎回そうだったし、驚きの選曲だよね。
だろうか、のロングトーンが千秋楽では長いのなんの・・・・・・良い。
初日は1曲目からアレルヤなんて・・・!っていう驚きもあったから当然だけど、千秋楽はそれまでの3回とはまた違った気持ちが込められてるのが1フレーズで伝わってきて、彼女たちの言う"Kalafina World"に一気に引き込まれた。
そのままステージ上にはけこさま一人でアカペラのまま、会場の空気を確かめるような短いようで長い溜めの後

"緑の雨が君を濡らすまで"
濡ら"す"のところの歌い方は色々試行錯誤してきたんだろうけど、このツアーが一番良かったような気がする

"まっすぐに まっすぐに
行けるだろうか 泣けるだろうか"
聞いてるこっちはもうここだけで泣けるだろうよ
アカペラだからけこさまが自分のタイミングで歌うのが良いよね
ここまでまた会場の空気をゆっくり吸うような間があってからの

"全てが静かに 燃える日まで"
神戸ではここで段々暗くなっていって最後何も見えないくらい真っ暗にっていう感じだったけど、武道館ではなぜか最初明るくなるせいもあって突然暗くなりすぎてちょっと・・・なんか急やなってなる。
そしたらけこさまの小さい「ワンツースリー・・・」っていう声だけ聞こえてきた後、"アレルヤ"というサビのフレーズと共にいつのまにかステージ中央に3人が居るという。
それぞれの顔を見合わせるようにしての(なんていえばいいんだあの形)わかひかパートも素敵。
からの再びけこパート。

"あかるい方へ あかるい方へ
きっともがいて 何度も泣いて
僕らはゆく 僕らはゆく"

この曲中に何度も出てくる同じフレーズを繰り返すところ、全部好き。
アカペラのここはもう・・・たまらん。
1番が終わるとどこからかピアノの伴奏が聞こえてきて、2番はピアノに合わせてのアレルヤ。つまりStringsのときのやつだね。
4回聴いたけどどれも素晴らしいものだった。
とても1曲目だとは思えないようなハイレベルで完成度の高いアレルヤだったのは、やっぱりKeikoって姉さんがメチャクチャ上手いからなんだよねぇ。
1曲目から声だけで勝負するっていうのも物凄いことだし。
彼女が普段から挙げてる意気込みや想いなんかが、歌声の一音一音に乗ってるっていうのは贔屓目無しでもきっと感じると思うなぁ。
1曲目アカペラからのアコースティックのアレルヤ、ただの予想を裏切るという出落ちに終わらず、演出も歌もどこを取っても文句の付けようがない120点でした。
img20160917Kalafina4.jpg
そしてこの衣装よ。ありえんよさみが深い。あまりにも深い。


もうこうなったら向こうのターンよ
2曲目は打って変わってbelieve!!!
イントロ造語からの~ギターからの~パーンの音に合わせてステージの黒い幕が落ちて、同時に火花もバーン!!!!!!!
見た目的にはステージ上空に黄色い火花がバババッ!って感じなんだけど、音がデッカすぎて本当にビビった。
アリーナ前方で初見だった人は心臓止まったんじゃないかな。
てかバンドメンバーとかめっちゃ近そうだけど大丈夫だったのかなあれ・・・。
会場の広さ的になのか、神戸のほうが音すごい大きかった気がした。
演出的には悪くなかったけど、たぶんアンケートでビックリしましたって書かれまくってるんだろうなぁw
そして見えてきたセットは、崖。
なんかすごい崖の上でバンドメンバーが演奏してはった。
そもそものステージ位置が高かった気がするし、その上にさらに崖があった。
生のbelieveは照明演出がメチャクチャいいよね。
師匠のエロいヴァイオリンやサビの3人コーラスなどなど、心地良い音圧が楽しめて大好き。しかもノレる。

早速MCかな?と思いきや、さくちゃんのピアノのちょっとしたメロディからの「ようこそKalafina Worldへ」という畏まった挨拶とお辞儀。
4日間とも「KalafinaのLiveは音楽の旅であり心の旅。このLiveの中で、皆さんが自分と向き合ったり、自分の胸に問いかけたりする時間がありますように」(適当意訳だし神戸初日は確かもうちょっと簡略化されてた)
みたいな感じの「あれ?真面目モードで行くの?撮影?余所行きのふぃなさん?」というちょっとした不安と共に、3曲目のstoria
ヒストリア繋がりか、この曲を聴くとsymphoniaのMVのような草原的な何かが思い浮かばれます。
3人の楽しげでどこか少女的でもある表情が好き。

ここからの2曲はそれぞれの公演の1日目、2日目で違ってた。
1日目はフルート曲で、両会場2日目にだけアコーディオンの佐藤さんが来られるから2日目はそっちの曲、という分け方でしたね。
1日目のほうは星の謡からのneverending
両方ともカップリングとアルバム曲の中での大人気曲(というイメージだし実際自分も大好き)なので、超嬉しかった。
星の謡の生演奏がすごい豪華に感じたのは、パーカッションのオバヲさんのおかげが多大にあるよね。オバヲさんこの曲以外も終始良かったし最高だし、レギュラーメンバーになってほしい切実に・・・。
モノクロメインの照明やステージ正面のモニターの演出で、原曲のイメージよりさらにカッコよかった!
ひーさんはこういうドラマチックな曲を歌わせたら3人の中で一番よね!
間奏でのいないないばぁ(と勝手に呼んでる)の表情イケメンすぎぃ!
今回の星の謡の何がいいかって、後ろを向いたと思ったら最後のジャーン!の音と共に和服の上だけ脱いで肩を出すんですよ!!!
その後の曲間の暗転してるところでステージ穴が開いて和服を脱ぎ捨て、下に着ていた白い衣装が登場!という寸法よ。
いやぁあんなの見せられたら春が来ちゃうってもんですよ。
続いてはneverendingで、Stringsがええよねぇ。
これまた人気曲なのにレアって感じがする。
切なくはあるけど悲しい歌ではなくて、タイトル通りに先に続いていくような良い歌詞やね

2日目のほうは花束君の銀の庭
花束とDoorの2大コンソレバラード(ごめん木苺)は隙あらば入れてほしいと常に思ってるから、嬉しかった。
歌詞なくなってからのアコーディオン+造語パートのところの強様ドラム実は大好きで集中して聴いてるw
こっちのほうは純バラードで動きのほとんどない曲だから、次の曲との合間にこっそり和服が脱ぎ去られてて悲しい。Gimme肩。
そして君銀。こういうラスサビ前にけこソロがくる曲本当に大好き。
わかなの"ここにいるよ"のあとのアコーディオンパートのメロディが俺好みのもの。

記憶が定かではないんだけど、武道館のここの2曲目中くらいにステージの崖の手前の床が開いて、下のほうでスタッフが階段を組み立ててるのが見えたよ。
千秋楽のMCかどっかで触れてたけど、レゴのような組み立て式の階段で、昇り降りする箇所が色々ある変則型だった。
なんか名前あるのかなあぁいう形とかセットって。
そしてウィーンと上がってくる階段セット。
これで崖の上にも登れるように。

また共通に戻って、胸の行方!!
初日にイントロ流れた瞬間めっちゃ目を見開いた。
一番のけこソロが大好きなだけじゃなくて、この曲は特にバックのメロディも、ピアノも(曲中も大好きだけど最後が当然一番良い)、優しい歌詞も、サビ以外が完全にソロパートなのも好き。
つまりこの曲は全部好き。
でもやっぱり一番のけこソロが大大大好き。
今度のアコースティックアルバムに入ってくれると信じてるからね?

そしてピアノの伴奏が入ったと思ったら、アコースティックでのring your bell!!!
3声コーラスでスタートするのに、ピアノの合図だけでピシッと合わせてくるのすごいよね。
主題歌になってるアニメFateと重なるだけでなく、一つの曲としても歌詞が完成されてる素晴らしい曲。
メロディが良いコーラスが良い、弦の音色が素晴らしい特にサビ等々もそうだけど、歌詞が美しすぎるで梶浦さん・・・
綺麗で真っ直ぐ前向きで力強く背中を押してくれるようで、なんだこれは。
こんなに"君"って歌詞が出てくる曲は梶浦さんの楽曲じゃ他に無いだろうしなぁ
特に2番サビに入ったときにいつも感動する
1番の"ring your bell, and raise your song"をアコースティックで歌い終えたら、通常のイントロが流れ出して2番からはフルバンドの原曲に!一粒で二度おいしい!!
ラスサビ入る前の"夜の向こうには"のところが、千秋楽だけ微妙に演奏andわーandひー(で合ってるっけ...?)がズレてた気が・・・。
2階席だったからか低音で床が振動するのかなんかと、実際の演奏が微妙にズレて感じるっていうのは他の曲でも数回合ったんだけどそれかしら。
ともあれやはりring your bellは最高だし音楽と一緒にレギュラーソング化して欲しいレベル。


ここでMCタイム。
そういえば今回のライブはほとんど全然まったく曲紹介というものをしなかったね。
ここのMCで神戸2日間では「Kalafinaの3人は好きなことがバラバラで~」という通常営業オモシロトークにw
武道館では2日間でちょっと違うけど、両方ともring your bellという曲についての真面目なトークでした。
ring your bellっていう曲を、Kalafina本人達も好きで居てくれるっていうことがまずすごい嬉しい。
far on the waterツアーのアンコールだったり、今回のアコースティック+通常の変則演奏だったりと、様々な見せかた聞かせ方をしてくれるのもすごい嬉しい。
遊べる余裕のある曲じゃないしこれ以上別の方向からのアプローチって難しいんじゃない?とは思うけど、アコースティックアルバムにも間違いなく収録されて、クリスマスツアーでもやるだろうし今後がまだまだ楽しみである。
そしてファンタジックゾーンへ。

フルートの音色で夏の朝が。
ピンクや緑の明るく淡い色を基調とした、木に朝日が差し込んでいるようなモザイク調の映像が。
賛否が微妙に分かれそうな、なんというか"大きい演出"だったかなぁと。
邪魔だと思う人もいるだろうな~って感じたけど、あれくらいでも目はステージ全体をぼんやり見て、耳は集中して曲聴けるからいいかな~と。

これはファンタジックといいつつ、far略ツアーのinto the water→闇盆→闇の唄みたいな怪しいゾーンか? liricaとか来ないかな~?とか考えてた覚えがある。
正解は追憶でした!
なんかこう怪しく身体を揺らしたくなる曲だよね。
明るさと暗さが入り混じった物語風の歌詞が本当に大好きだし、演奏が入ってメロディが付くとメッチャ重苦しくなるのもまた良い。
そして。ひかるさんが。えろかっこいい。

最後のノイズ的なサウンドが鳴り止まないまま、red moonへ。
これの映像が、ぶっちゃけかなり酷いんよねぇ。
わーさんが真ん中で始まるのはいつも通りで、わーさんの足元から床にまっすぐドレスが伸びるような照明演出が最初に入る。説明むずい。
これがちょっとした段差と床にしか映されないのと、正面からのライトで作ってるっぽいから左右ズレちゃうと分かりづらい。
あと最初に書いたけどそもそものステージ位置が高いから、神戸会場のアリーナ席だと見づらくて初日気づかなかった。2日目はそういう演出だってツイッターで見たから分かったけど。
武道館アリーナではちゃんと見えたのかしら?
そして何か下のほうから白だか灰だかのモヤモヤが湧き上がってきて、なんか波みたいになって引いたと思ったら、その跡地のスクリーンに神殿のようなものが。
それを数回繰り返して少しずつ神殿が出来上がる的な。なんだそりゃ。
下段が出来上がると、今度は手前から石礫がたくさん飛んできて画面に張り付き、また手前に飛んでいったと思ったら後には神殿が。みたいな。いやなんだよあの石礫。
今回のステージ上のスクリーン映像は全部正面から映してたのか知らないけど、スクリーンだけじゃなくステージ全体を使って3Dのような映像表現をしていたのは良いと思う。
でもあの映像はどう考えても気を散らされるだけで、まったく歌に集中できない。
あの神殿だけはカッコイイし厳かな感じは曲に合ってるから良いんだけど・・・・・・。
仁王立ちこそが似合うボス曲みたいなところあるし、映像や演出で雰囲気や世界観を作りたいのは分かるけど、今回のred moonの映像は流石に0点と言わざるを得ない。
"初めてのうたが世界に生まれた"の歌詞のところでは、3本の白い糸のようなものが映し出されて、造語と一緒に左右順番に揺れるみたいな謎映像。
ラスサビに入るとwindows media playerの視覚エフェクトに入ってそうなモノクロの演出。
当然歌のほうはメチャクチャに良かったんだよ。
この曲はやっぱり歌詞が全部終わってからの造語パートこそが至高だと思ってるし、4日間ともあそこはスゴイ熱量だった。
でもそこの映像が画面いっぱいに這った蔦がだんだん真っ赤になってく良く分からんやつだったし・・・。
スクリーンを使った様々な表現への挑戦、という意味ではもちろん良い。もうやめてくれというだけで。
たぶんアンケで散々に言われてるだろうから大丈夫だと思うけどw
自分で書いといて想像しづらい説明ばっかだな~ってなったけど仕方ないね下手だからね。

これまた怪しいノイズ的サウンドが途切れないまま、始まったのはMagia[quattro]
追憶~red moon~Magiaが続いてるんだよねぇ良いよ~そういうの良い。
千秋楽以外の3日間は曲間に拍手が入ったから気付けなかったんだけどね。
LiveでのMagiaの怪しいoverture、ほんますき。
音源だと最初にくる師匠の弦の部分も大好きだけど、その前に強様ドラムパートがきて一気に盛り上がるところ、大大大好き。
歌詞が始まる前に、けこさまが下手わーさんが上手のウィングというらしいステージ左右の出っ張りへ移動。ひーさんだけ正面。
そしたらなんかこう運命だかに翻弄されるひかるさん、みたいなミュージカルが始まったんだ。
いやあれはなんていえばいいんだ。
でもスゴイあれはMagiaだったよ。Magiaがミュージカルになったんだ。
ひーさんはやっぱり歌以外の表現も上手い。色々な表情や動きに目が離せなかったよ~!

こんだけ書いても曲数的にはまだ半分ってマジ?

続いてはttbことto the beginning
この曲なんかLiveでやるたびに、向こうのノリノリ度が上がってきてる気がするw
毎回盛り上げるところで入れてくるんだけど、なんていうかテンションが高い的な。
正統派けこわかコーラスソングな上に、弦のメロディだけで別の一曲になるんじゃないかっていうくらいの師匠曲。
"澄んだ水の中へ還したい" の "水の中へ"の三声コーラスだけを食べて生きていきたい。


ここで3回目のMCと一緒にバンドメンバー紹介。
オバヲさんの笑顔素敵よ。
もうttbのままの勢いを残したまま、長々と喋ったりはせずに「新曲行くよー!」からのblaze
演奏から歌から動きからもう全部かっこよすぎる。
一定の熱量で駆け抜ける曲だけど、2番サビの"叫んで"のところは毎回ひーさん力入ってて好き。
一定とかいうけど最初から最後までクライマックスみたいな半端なさだし!
リリイベはコミケと被りーの、選民は外れーので初めて生で聴いたけど、「大好きな曲だしLiveではもっとカッコよくなってるんだろうな~!」っていう高いハードルを余裕で越えてくるの本当にすごい。

続いてはduことdestination unknown
当たり前すぎるけどLiveでのあのギターが聴こえた瞬間、声には出さなくてもみんな心の中で「キター!!」って思ってるよね。
驚きand喜びのフォ~~!!の声は両会場の2日目のほうが大きかったかな?
自分の中ではギターよりも強様ソングだと思ってる。この曲の強様になら抱かれてもいい。
特に千秋楽ではもう3人のテンションが高まってるのがこっちまで伝わってきて、かっこいいだけじゃなくて楽しそうなのがすごいよかった!
最後歌詞終わった後かなんかに、けこさまがひーさんに笑顔でオデコくっつけてたのメインモニターに抜かれててメッチャにやけたw

続いてidentify!!
2番Aメロのけこパートの"淡々と君は目を合わせない"のところで!今度は!わーさんにオデコくっつけに行って!!!
それもメインモニターに抜かれててもうカメラさんGJありがとうサンキュー映像メールでください状態。
しかもひーさんと違ってわーさんメッチャ照れてたか笑ってたかでもうヤバい。こっちの心臓がバクバクよ。
3人一緒にステージを移動して、3人並んでサビのポーズしてっていうあの一体感がものすごい好き。
通路側の席で立って広々とあのポーズやれる日がいつか来てほしいな~。

次はsignal!!
「あ、この流れ知ってるやつだfar on the waterツアーと絶対一緒のやつだ」ってなるよねみんな。
コンソレのときのsignal obbligato 音楽の流れまたいつか見れないかな~ってずっと待ってるマンです。
これまた大好きだしあの腕振り毎回やりたいから、何回聴いても嬉しいなぁ。
両会場の2日目はアコーディオンの佐藤さんがいるから、より良かったよ!
でもでもバンドメンバーゾーンがほとんど省略されて悲しかったよ・・・・・

そして期待通りきました音楽!!
当然これがないとKalafinaの通常Liveは終われないよね。マイヤイヤー!
"きっと君の音楽"が終わったあとギターソロが来ないと思ったら、ドラムだけになって会場手拍子。
そしたら皆で歌おうとのことで突然の告知なし合唱ゾーンへwww
画面には"魂が果てるまで一条の光を信じて"と表示されたけど1回目は突然すぎて無理だわw
そのまま続いて魂が果てるまで~、とけこさまがリードしてくれて画面にも同じ文字が出るので「ここだけ歌えばいいんだな!」ってなって3回目くらいでようやく参加できたw
アリーナ!とか2階~?とか場所ごとに振られたりしつつ、最後は「全員!!」の声でみんなで一条の光を信じた。
そしたらKalafinaに戻り演奏も戻り、魂が果てるまで~から2番サビに戻るっていう形でした!楽しかった!
3日間上手いことコールアンドレスポンスできたのに、なぜか千秋楽だけは2番サビのあと入るのも間違えてたし、終わったあとに自分らで歌うところも入りを間違えててかなりグダってたw
会場は熱かったから、白けてる人も居なかったと思うけど実は相当な事故だよねあれw
あぁいうのは可愛いミスだけど、映像には残せないレベルよねぇ~・・・・・・えwowowしか残らないとかないよね・・・?円盤・・・は・・・?

音楽のセトリ位置もいつも通りだから、ここでMC
千秋楽の日のやらかしのあとでも「ゴメン」とは決して言わずに、「いつかリベンジしにまたココに来てもいーですか!」というけいこさんは流石です。
ここで改めて「音楽の旅」という今回のテーマについて振り返ったり。
そして最後は未発売楽曲のinto the world
・・・なんで発売日決まらないのよ!シングルで出さないの・・・・・・?
4日間ともモニターの映像が3人それぞれの顔アップを映してくれたのが、すごい良かったよ!
特に千秋楽はけこさまとわーさんの瞳が潤んでて、こっちまで泣いちゃうくらいだった。
1回どっかのサイトでポロっと出ちゃったけど、画面に歌詞載せてくれたらもっと嬉しかったな~。
2番のAメロBメロの歌詞がメッチャくちゃ好きだし、2番サビの "心の中へ降りてゆく旅" っていう箇所が今回のツアーのテーマにもなっているんだろうし。
最後の "into the world" は1曲目のアレルヤで3人が登場したときを思わせるように、3人で内向きに顔を見合わせての綺麗なハーモニーでございました。


退場からのアンコール
神戸の2日間は見える範囲の人の半分くらいしか手拍子してなくて、ブチギレ案件だった。2日間ともアリーナだったのに。
確かにあの手拍子って速度すぐズレるし席位置によってもズレるしで、どういうタイミングとテンポで叩けばいいのかわかりづらいけどさぁ。
アンコールが当たり前にあるものだと思っちゃいかんし、ここまでの楽曲で何か思うところがあれば普通は手拍子くらいするやろ。
トイレ行くのはまぁしょうがないけどさ、ふんぞりかえってもう1回出てくるのを待ってる奴らにアンコール観る資格ないでしょ。
休憩タイムじゃないんだし、向こうも20曲近い演奏や歌を終えてすぐ後ろで急いで衣装変えたりメイクチェックしたり備えてるであろう時間に、お前らは何で休んどんねんオイ。
映画のエンドロール中に出てく人ら以上にクソ。信じられない。2時間近く何を観て何を聴いてきたんだお前ら。
幸い武道館ではそんなこともなかったけど。
別に手拍子してないマンを探し回ってたわけでもないのになぁ・・・神戸2日間のアンコール待ち時間は辛かった。


ステージが明るくなって拍手に迎えられながらステージ左右から出てきたのは、ふぃなではなくまずはジュニアさんと是永さん!
セット上のさっきまでの定位置に行くのではなく、楽器を構えながらステージ正面へ!
マイクは無いので2人とも両手で「立って!立って!」と客席にアピール!
そしたら定位置についたオバヲさんと強様が、パーカッションvsドラムの演奏合戦的な!
是永さんとジュニアさんのフリに合わせて手拍子もして、メチャメチャ嬉しかったし楽しかったw
ここを4回も観て聴けたからsignalは許してやるかな、ってくらい楽しかったなぁ~
そしてそして盛り上がってると、是永さんが会場の後ろの方を指差すから「もしかして~?」つって振り返ると、ライトに照らされた簡易ステージの上に3人が!!!
神戸ワールド記念ホールはけっこう縦に長い会場だから、アリーナ席のほぼ一番後ろくらいに登場したのかな?
けっこう前のほうの席だったから、後ろのことはあまり分からなかった >_<
そしたらなんと3人それぞれが会場通路を通ってステージへ!!
運よく初日わかな側の通路横の席だったので「タッチできるかな?」と思って手を伸ばしたけど、初日は結構なスピードで駆け抜けていかれるっていうw
2日目はわかな側通路席より1つ内側で手を伸ばせば届きそうだったんだけど、スタッフにボディブロックされてこちら側の人はハイタッチできずw
どこでもいいから触ろうとする厄介ファンは沢山居たんだろうけど、俺君はマナーが良いので近くを通ってくれただけで喜んでました。
武道館はアリーナじゃなかったから誰とも近づけなかったけど、会場の造り的に1階2階の人はみんなすぐ「あっココに来るんだな」って気づいたと思うw
8453f523.jpg
こんなん・・・・・・素敵やん・・・?
ひーさんはfar on the waterのツアーの黒い衣装みたいな感じだね。
写真見て気づいたんだけど何これ下はGパンの魔改造風だったのね?
わーさんもゆったり系の服が似合ってて良い。
ポニテけこは世界を救う。
そんでもって曲はin your eyes
これまた大好きな曲だからねぇ・・・アンコールの1曲目でパーカッションvsドラムもあって、もうなんかこれ終わったら死んじゃうんじゃないかなぁ感あった。
毎回のようにけこさまがわーさんにお尻ぶつけてて微笑ましかったw
どの歌詞の部分でだっけなぁ~・・・忘れちった・・・
千秋楽ではわーさんの背中を2回突っついてからのお尻ドーンw
会場だから堪えたけど、家で一人で見てたら絶対爆笑するわあんなんw
一緒になってサビで手振るの楽しかったー!

続いてそのままOne Light
本編のノリノリアッパーゾーンじゃなくて、こっちにこの曲を持ってくるのって・・・
とは思うけども、ステージでカッコよく嬉しそうに動くふぃなーずを観れば幸せな気持ちになれる
4回もゆけたね、ひかるちゃん!


ここで恒例のグッズコーナー含むMCが。
神戸では関西弁ではなく神戸弁に挑戦してくれたのが嬉しかったよ。
初日はたどたどしい感じだったけど、2日目は中々上達してて感動したw
気づいた人けっこういただろうけど、ここまでのセトリで空の境界からの選曲が一つもないんだよね。
それどころかアルバムseventh heavenからの曲も"音楽"だけっていうね。
こういう大きな箱でのLiveなのになぁ~珍しい。いいんだけどね。
ただserenato、明日の景色、ラブカム辺りを聴きたすぎてたまらんから、最悪次のクリスマスで頼むよ!ラブカムは合わないか。
そしてここからの曲は会場毎に違ってました。
神戸初日は光の旋律far on the water
赤木さん曲で嬉しい!といのも勿論あるし、どこかの日のどこかのMCで話してたけどやっぱりアニメ主題歌と歴史秘話ヒストリアの曲たちをすごく大事にしてるのが更に嬉しい。
初日に相応しい暖かい最後だったと思いました。

神戸2日目はまず夢の大地
初日はラスト2曲ともMCで発表からの続けて歌ったから、1曲しか教えてくれなくて「アレ?コレってなんかある?サプライズある?スゴイ曲くる?」って身構えてしまうよね。
といっても夢の大地はヒストリア曲の中で1,2を争うほど好きなので、ほっこり笑顔で聴きました。ただのニヤケ顔とも言う。
眩しすぎるよこの曲も、この曲のけこわかコーラスも。
そして何がくるかと思えば、あのイントロのギターのところが聴こえてきて!!きたぜsprinter!!!
らっきょ曲来たね!初日はなかったけど!
観客側が身体で表現するの難しい曲だけど、もうテンション爆上がりよ。
"溢れ出すほど詰まっていたんだ"のところのけこさまとかもう大好きで大好きで何度でも生で聴きたいし、アンコールsprinterは何度だってやってくれていいんだよ。もう毎回でもいい。
神戸2日間最高やったで~!


武道館初日のアンコールは光の旋律symphonia
旋律は神戸に続いて2回目だね。からふぃなってこの曲とシジマ好きなのか、よくぶっこんでくるイメージがある。
続いてsymphoniaでヒストリアソングをツアー中に全部やったことになるかな。
強様ドラムが心地よい。くらいしかもう覚えてない・・・(泣)

武道館2日目、千秋楽のアンコールはひかりふる未来
ヒストリア枠でもっかいfarを最後に持ってくるかな?と思いきや、まさかのまどマギ2連。
しかもこの日はアコーディオンの佐藤さん来た日だから、君銀庭と当然Magiaもやったしでまどマギ曲をまさかの制覇・・・・・・おや・・・misteriosoさん・・・・・・?
生のひかりふるは、やっぱり会場を飲み込むかのような力がありますなぁ
未来は元がサントラ曲なのもあって、同じメロディが続く詩的な曲で実はあんまり好きじゃない。
"街は静かに"~からのラスサビの歌詞は全部好きだけど。
展開のある物語的な曲が好きだなぁ~。


全て終わったあとには、3人やバンドメンバーが勢ぞろいしての挨拶!
メンバー1人ずつ(今野stringsはここでは一纏めにされるw)紹介するんだけど、もう毎回恒例のヨシオコールw
千秋楽では特にヨシオコールが大きくてもう笑っちゃうわw
そしたらけこさまが正面向いて真顔で「なんで?・・・なんで???」ってマイクないけど口動かしてたの、思いっきりスクリーンに映ってて更に笑ったwww
メンバー紹介の時にしか姿は見えないけど、毎回どのLiveでも裏にいて頑張ってるって知ってるよ!ということを、僕らはヨシオコールで伝えてるんですよきっと。
そして「あとで反省会ね」とけこさまが言ってたのも忘れません。何を反省するんだ・・・w
挨拶してバンドメンバーが捌けたあと、3人はステージの階段セットの部分にメッセージを残してました。
ひーさんのこの記事の下のほうに写真がそれぞれあるけど、神戸初日はセット右側、2日目は左側、武道館初日はど真ん中に。
会場が変わっても同じセットを使ってるから、武道館初日に神戸のとき書いた2つのメッセージが見えたときは嬉しかった。
もう書く場所なくない?と千秋楽に思ったら、なんとハケをもってきって大きく全体をつかって「ありがとう IN 武道館」という文字に!
「あ」「と」がひーさん、「り」「う」がけこさま、「が IN 武道館」がわーさん、だったかな?
武道館の武の字を間違えてたって聞いたけど、自分は気づかなかったw
けこさまの書いた味の有りすぎる「り」と「う」ほんとすきw
「う」のほうなんてめっちゃ斜めになりながら書いてたから、文字も斜めになって「ラ」みたいだしw



千秋楽も全て終えてring your bellのBGMに合わせた観客の手拍子の中、捌けていく三人。
丁度3人が居なくなったあたりでラストのサビの部分に入ったんだけど、4日間分の記憶とか想いも色々あったし、このring your bellっていう曲への3人の想いもMCで聴いたしで、せめてこの曲が終わるまでは手拍子していたいなぁなんて思ってました。
あの会場に居た人たちみんなそれぞれ想う事があったのか、チラホラ帰りだす人もいる中でも手拍子はやまず、ほとんどの観客が自分の席で立ったまま手拍子を続けてた。
メインのスクリーンにも「ありがとう IN 武道館」のセット全体が映し出されたままで、感慨深いものがあったね・・・。
そしたらサビが終わりきる直前くらいに、「なんで帰ってないの~!(ウロ覚え)」とけこさまの声が聞こえてきて戻ってくる3人・・・!!!
そうかダブアンかそういうのもあるのか・・・!少なくとも自分はそういうつもりじゃなくて、ただ帰りたくなかっただけなんだけど!いいのかそんな贅沢なことがあって!歌うのか・・・!五月雨か・・・!それはないか・・・・・・!!!
とかもう嬉しすぎて色んなことを考えてると「え~どうしよう 出てきたはいいけど何も考えてないよ!」的な話に。
すると会場から「もう1回!」と「もう1曲!」だかが入り混じったコールのようなものが聴こえてくるというw
「櫻ちゃんだけ出てきてくれるかな?さくちゃ~ん!」という何度目かの光景!
このあとの間がちょっと長くて、ダメなのかな・・・て一瞬思ったりもしたw
というのも「みんな捌けたらすぐ着替えちゃうから」みたいな話をしてたからなんだけど、さくちゃん笑顔で再登場!
けこさまがさくちゃんと相談して、「私、さくちゃんと決めてきた。…初めて武道館に立った時のラストは sprinter で終わりました。いい…?みんな、sprinterでいい…?」(ひーさんのブログ記事から)ということに・・・!
ラストっていうのは武道館Blue dayのことだね・・・!
そうよく考えたら今回のツアー1曲目のアレルヤは、Kalafina一番直近のLiveであるKalafina with Stringsのツアーの最終日に、NHKホールでのダブルアンコールでやった曲なんだよね。しかも今回もそのときと同じStringsのアレンジで。
アレルヤで終わりアレルヤで始まり、前回武道館の最後を飾ったsprinterで武道館をまた終える。
日頃から言ってる1回1回のLiveや会場を大切にしてることが伝わる、すごく嬉しい演出だよね。
「どの(アレンジの?)sprinterでもいいよ」とけこさまが言い、始まったのはstringsのアレンジのイントロでした。

ということでダブルアンコールsprinter

櫻田さんのピアノが鳴り始めて、いつも立ってた場所に向かったけど、何だか遠くて。その数歩の距離分すら惜しくて、歌い出す時にはステージ前ギリギリに立ってました。」
これまたひーさんの記事から。こういうところほんとうに好きだよ光さん。
伴奏がピアノしかないから一音一音、コーラスやハーモニーがよく響いてた。
特にこの曲でソロパートが多いひーさんの歌は、「いつもとここが違う」とか「いままで聴いたときより力入ってる」とかすぐ分かって良かった。
涙でステージが見えねえ・・・って感じだったよもう。

"君に会いたい 君が恋しい
君に会いたい 君が愛しい"

の部分を終えたあとけこさまが「歌って」だっけ?なんかコールしたと思ったらピアノが止んで、観客の大合唱が。
多少はKalafina 3人の様子を伺いながらだったとはいえ、曲中に突然振られて伴奏もないのにみんなで揃って歌ったの凄かった。
ひーさんがブログで「お一人お一人とお互いの存在を確かめ合い、もう一度会う約束をするような感覚でした。声で心で会話してくださってありがとうございます!」と書いているのは間違いなくあの瞬間のことだよね。
けこさまの「もう1回!」が入って合唱が2週したあとは通常の曲に戻り、最後まで歌い上げてくれました。
歌詞最後の
"生きて、いるんだ
此処に、いるんだ"
の伸びと余韻は素晴らしかった。あそこだけで泣ける。
つい数十分前の"音楽"のときに失敗した客席合唱、まさかの歌詞表示も溜めタイムもなしの突然の振りだったのに大成功でその日中にリベンジ成功だよ。よかったね、けーこさま・・・。
こっちとしてはこの日一番の拍手で返すしかないのが悲しい。ごめん2階席最前だったから怖くて立てなかったけど!拍手頑張ったし、アンケート4日間とも書いたから!!!


終わってみればあっという間だったけど、2週間で4回もあんな素晴らしいLiveに行けて幸せでした。
正直こんなに良いLiveを見たら、これ以上を望むなんて・・・と思うところもあるけど、他でもないKalafinaの3人がこれ以上のパフォーマンスや演出を常に目指してるっていうんだからもう感謝しかない。
目下のところだとinto the worldはいつどういう形で発売されるのか、メルヒェンの楽曲公開と発売日なども控えてるし、今後の展開も楽しみが止まらぬ。
そしたらクリスマスライブのどこかあたりで、また次のLiveの情報とかも出るかしら?
クリスマス後一番近いのはさすがに9th anniversaryになるか。
ワクワクが止まらん!筆はもう止まる!



長々と書いたせいで読み返せてないけど、誤字脱字とか間違いのオンパレードなんだろうな!
そもそも文章力も語彙も乏しくて同じことしか言ってないし、文頭のパターンが数個しかないし口調はコロコロ変わるし説明は下手だけどまぁいいよどうせ誰もここまで読んでないんだ!
ここまで書くのに1週間も掛かっちゃったよ。
Liveの記事書くたびに思うけど、良いLiveのことを思い返しながらそれを文章にするのってけっこうパワー使う。
何かがなくてもそろそろまた更新頻度を上げたい(上げるとは言っていない)

C90

私です

お久しぶりでございます
今年も夏コミ C90に参加したり、色んな人と遊んだりしたのでその日記的な感じです
記憶だけを頼りにザっと書くので、なんか抜けたり飛んだり間違えたりしますたぶん
適当だからあんまり長くならない予定
でも飯画像多いよ


・8月11日(木)
祝日になんて行くんじゃなかったぜクソゥ・・・
からのまずは腹ごしらえじゃ!
IMG_1398.jpg
意識も値段も高いラーメンだったけど、味はとても濃い目でおいしかった。
次は誰かのおごりでなんかトッピングつけて食べてえ!
そしてヤブシこと渋谷でお買い物。
IMG_1399.jpg
駅の外壁や
IMG_1400.jpg
そのへん見渡すまでもなく、絶対何処を向いてもグラブルの広告が必ず目に入るって感じだった
渋谷 グラブル ジャック
とかでググると写真いっぱいでてくるかな?
ほんとにほんとに広告の数多すぎだしサイズも大きいのばっかりで凄かった
特にセンター街は広告の量もケタ違いだし、ゲーム内BGM色々流れてて楽しかったな~


・8月12日(金)
コミケ初日!
に、まったり開場してから参戦
西館3,4ホールが同人で、1,2ホールが企業とかいうことになっててすごい分かりづらかった・・・
あそこの超長いエスカレーターに乗れたのだけはなんかちょっと嬉しかったけど
ササっと買い物して帰るつもりが、タペストリー1つ買うのに40分くらい日差しきつい外に並ばされてしんどかった(´・_・`)
夜はあでみさん、ここさん、そらみと4人で夜飯
IMG_1406.jpg
こんなん食べたり
IMG_1408.jpg
こんなん食べたり~。
ぱんけーき目当てで行っただけあって、めっちゃ甘くておいしかった(〃⌒ー⌒〃)
トウキョウはシャレオツでマイウーな店が多いでんがなまんがな~~!


・8月13日(土)
コミケ2日目には行かずあでみさん、ここさん、られ、ゆうげきと遊んだのだ
IMG_1412.jpg
サーモンは神
カラオケしたあと予約した焼肉を食べるはずが、誰とは言わないけどなぜか1つ階の違うレストランを予約してしまったらしく、1時間半近く順番待ちすることに
おんなじ店の建物とはいえ、どういう風に予約をしたら焼肉とレストランを間違えて予約するのかまったく理解できない
混んでたのもあってモノ出てくるの遅いのは仕方ないけど、次の日朝はやい人もいたし満腹になれないまま店を出ることに
IMG_1414.jpg
肉は相変わらずおいしかったし、次の日に本買ってきてくれたし別に怒ってはないけど、本当に今でもどういう予約をすれば間違えることが可能なのかがまったく分からないんだけどなんでだ
階だけ間違えて覚えても何を食べるかは分かってるから、電話番号調べるかHPの該当ページ見た段階で気づかないわけがないと思うんだけど云々って責めるのはこれくらいにしておこう


・8月14日(日)
来たぜ・・・待ちに待ったコミケ3日目!
いつもより時間がなくて全然事前準備とかサークルチェックとかできてないままでの参加だったぜ・・・・・・
仕方ないことだけど御品書きとかの情報が出揃うのってほんとに数日前とかだから、コミケ前に忙しいとどうしようもねえよう
始発電車で参加して、まさかのてきや選手(new)と待ち合わせて一緒に並んだ
会場着いたときは涼しいどころかちょっと寒いくらいだったのに、段々なんか日が出てきてもう9時には灼熱地獄の始まりだったよ・・・
ここ2年くらい夏コミめっちゃチョロかったけど、舐めないでちょっと多めに飲み物買ってきておいてよかった~
とりあえず腹痛にも襲われず無事に開幕!
いつも通り最初はイチリ様のところを買いに行ったんだけど、そのあとは西館に直行とかいうクソルートを選択する僕くん。
欲しいサークルの優先度とか混み具合考えるとこれが一番だと思ったんだ・・・!
実際どういう順がよかったのかなんて分からないけど、とりあえず無事に西館で欲しかった4箇所くらいは買うことができたのでまた東館へ戻るのじゃ。
通称ゴ○ブ○ホイホイのとこ最初東→西のときは人も少ないしよかったけど、西→東に移動するときは時間的に人も増えていつも通りヤバい温度と湿度だった・・・・・・

なんだかんだいいつつ東に戻ってからも4→5→6→3→2→1→4→2→1くらいは回ったかな~
ホールの中でも色々動いたし疲れたけど、あんまり長時間ならばされなくて助かった
このときくらいにテッキーも目当てのもの買えたようだし良かった
だいたいの買い物を終えたので、しあんさんと合流して、目に付いた買えそうなサークルに並びながら適当におしゃべり
会話中にまだ無料と90円ガチャを回してないことに気づいて、その場で回すことに。すると・・・
IMG_1416.png
虹・・・・・・!
これは絶対"""キタ"""なと思ってスクショ撮った
からの案の定
IMG_1417.png
まぁ引いてしまうんですよね~
ありがとうぱんのみみ。ありがとう。待機列で爆笑してごめん周りの人たち。

そして毎回恒例のイチリ様ポスターじゃんけん!
参加者何人くらいいただろ25人くらいかな?
90円水着ヘルエスを引いた俺に恐れるものは無ェ・・・ってすごい強気に攻めたら、5連勝くらいしてラスト3人に残った!
けどそのあとのじゃんけんで3人とも負けたから、また全員で最初からやり直しに・・・
めげずに頑張ったらまた4連勝くらいして最後の4人にまで残った!!
けどけど最後の最後に加護が尽きたのか、負けてしまった・・・・・・
勝利数だけだと圧倒的に一番多かったし、たぶん最後に勝った人は俺より強い加護を受けてたんだ・・・きっと90円回すとバハとか引いちゃう人なんだ・・・
今日こそはマジで勝てると思ったんだけどな~
そのあとイチリ様のスペース前で話してるときに、横のサークルがポスターじゃんけん始めたから参加してないけど手だけ出してみたら連勝したし、あのじゃんけん参加してたら絶対ワイが勝ってたわ。
ほんとにこの日は何か持ってたというか降りてきてただけに、ポスター勝ち取れなかったの悔しすぎる・・・

移動して18人?で晩飯へ!
てっきーが都合で来れなくなったの本当に残念すぎる・・・
食べ放題だから無限サーモンするとかいって注文したのに3個で「飽きた」とか言いだす人がいたり、一生梅酒ロック飲んで手元おぼつかなくなって色々落とす人がいたり、その他色々ガイジばっかりだった。
座敷じゃないから動きづらかったけど、楽しかったでござる~!
戦利品は最後に!

・8月15日(月)
浅草でGuysとガイジが邂逅して、中華食ってカラオケしてハンバーグでGG
ほんまあいつらうるさい
写真いっぱい撮ったけどみんなの顔写ってるやつしかないから貼れないや



ということでおしまいです!
IMG_1437.jpg
いつもどおり雑に並べた戦利品たち
3冊くらいは買ってきてもらったけど、残りは自分で買ったしまぁまぁいつもくらいかな
欲しかったところは3箇所くらい完売しちゃってたけど、だいたい買えたし満足
IMG_1438.jpg
あとタペストリーもね!サイン貰ったんだよ!!
本にもタペにもサインしてくれたし、ほんとイチリ様Love好き最高ありがとうございました!
サインペンのインク切れかけでカッスカスだし、タペのほうすごい斜めってるけど!それでも!!!嬉しい!!!!!
いつもすいませんandいつもありがとうございます!!!


すりみのお姉さまがまたイベントに出られる日を心待ちにしているマン、休みが今日で終わり永久の眠りにつく。
2016/08/16
R.I.P.

solar

私です

1ヶ月のやつ出たし書くか~から何日経ったのか

とりあえずこれは貼らなくちゃね
けいこさまほんますこ
リリイベ行けないけどCD予約したし、アリーナライブ発券してきたし楽しみだー!!!

最近ほんま忙しくてグラブルくらいしかしてない
時間あいたときにロル数戦くらいだしツラみあるな~
纏まった時間できたらカラオケ行ったり、えっちなゲーム買ったり、近所散歩したり遊びにでかけたりやりたいこといっぱいあるのに
いやあんまないなこれ
グラブルも記録としてちょっと残しておくと、サプチケでフェリ取って、スタレジェでガンダ引いた(怒)おかげで1ページ目SSRキャラで埋まるまであと1体
42144.jpg
アレクくん悪いな火SRはセンとかティナがいるから今は要らないんだ・・・
でも火のキャラに関してはキツい・・・クラリスほしい・・・ユエルほしい・・・パー様ほしい・・・マギサもちょっとほしい・・・・・・
水はこんだけいればあとは愛でるためにシャルロッテちゃんほしいな~くらいだ
土はネモネとかいうアタッカー頼りないからコルワキャサリンサラで回しててこれでいいかなとも思うけど、アレ爺リミオイゲンみたいなアタッカーとかシコリオストロ欲しい。
風はネツァアンチラコルワでもう良いじゃんって気しかしない。レナに最終上限きてほしかったけどガウェインらしくてガッカリ。
光はなぜか自前でガチャでジャンヌアーミラルシフェル当てたから、サプチケでフェリ取ってニッコリ笑顔。
闇は未だになぜかSSR1体も出ない。
1241.jpg
最終上限持ちは3体とも100にしちゃったから、そろそろまたSSRで最終上限あるやつ欲しい・・・

5135136.jpg
前記事との比較用に風武器
SR剣が外れて代わりにリミロゼ短剣、銃、拳、青竜槍がIN
銃は4つとも1凸、拳は3凸と2凸、槍はまだLv115
水は前の画像からSR短剣2本抜いて、SSR短剣と玄武斧が入っただけ・・・。
23545.jpg
最近共闘とかDOは全部この光ベレー帽ことホークアイ中尉。
イベントunknown武器で誤魔化してるからバラバラ感すごい・・・しかも銃まだ2凸・・・
ゴールデンブロッサム先輩のおかげでパスタもできるけど・・・ジャンヌフェリアーミラにさらにパスタとか要る?
右上のスキルレベル1たちを早く抜いてシュバ銃並べたい。
アンチラの刀のほうは攻刃と二手だから凸って置いときたい感もするけど、まぁ被らんだろうしなぁ


そんなかんじ
カツオ漁に戻ろう。
プロフィール

MiLu

Author:MiLu
まったりゲーム




最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。